iPhone 4Sで使ってたモバイルバッテリーがiPhone 5sで使えなかった件

http://www.flickr.com/photos/26414679@N05/9225539178
photo by TAKA@P.P.R.S

先日、Lightning - Micro USB変換アダプタを買ったというエントリーを書いた。

Lightningケーブルではなく変換アダプタを買った理由は「iPhone 4Sで使っていたモバイルバッテリーをiPhone 5sでも使いたい」と思っていたから。

これを使いたい

僕が使っていたモバイルバッテリーはこれ。

これのいいところはコネクタ部分がDockなので、ケーブルを持ち運ぶ必要がないところ。

http://www.protek.co.jp/peripheral/peripheral_img/iwalk1500_photo08.jpg

こんな感じで充電しながらも使える。

http://www.protek.co.jp/peripheral/peripheral_img/iwalk1500_photo02.jpg

この利点がiPhone 5sに変えたら大きな欠点になってしまった。
iPhone 5sはLightningなのでDockそのままでは使えない。

けど、モバイルバッテリーってそこそこの値段するので新しいのを買うのも気が引ける。
じゃあ変換アダプタを買って使えるようにしよう。

使えるようにする

という流れで「Lightning - Dock変換アダプタ」を探してみたけど種類が少ないし、Apple純正品は2,738円と結構高い。

一方、「Lightning - Micro USB変換アダプタ」は種類も多いし、比較的安い。
僕が買ったMFi取得済みのApple認証品は1,381円だった。(今見たら値下げしててわろた(´;ω;`))

これだけだとDockじゃ接続できないので、100均で「Micro USB - Dock変換アダプタ」も買ってきた。
これがなかなか売ってなくて4件ぐらいの100均を回った。
シルクという100均で見つけて購入。

最終的にはこんな構成になった。

モバイルバッテリー→Micro USB - Dock変換アダプタ→Lightning - Micro USB変換アダプタ→iPhone 5s

使ってみる

準備万端でいざ接続してみるが、うんともすんとも言わない。
このモバイルバッテリーは充電中はこんな感じでLEDが点くんだけど点かない。

http://www.protek.co.jp/peripheral/peripheral_img/iwalk1500_photo07.jpg

原因を切り分けるためにモバイルバッテリーではなくMacに繋いでみる。

構成はこんな感じ。

Mac→Dock - USBケーブル→Micro USB - Dock変換アダプタ→Lightning - Micro USB変換アダプタ→iPhone 5s

この構成だとちゃんと使えた。

ということは、原因はこのモバイルバッテリーにある。

恐らくモバイルバッテリーの出力の電力が不足しているのではないかと思う。

出 力 DC5V/±0.250V500mA

モバイルバッテリーの製品仕様にはこう書かれているけど、使っていくうちに弱くなったのかな。詳しくないからよくわからないけど。

iPhone 4Sでは使えてもiPhone 5sでは使えないモバイルバッテリーがある」ことがわかって勉強になった。

というわけで、今良さげなモバイルバッテリーを探している。

いいなと思ったのはこれ。

13000mAhと大容量だし、セールなのか定価より7,000円も安くなってる。
けど、重そうだから持ち運びにはどうなんだろう。

Amazonで人気なのはこれ。

最初発売した時に売り切れで入手し辛かったダンボーのモバイルバッテリー。
ダンボーはかわいいけどちょっと高い。

ダンボーのメーカーの別商品が良さげ。

ダンボーより1,000円以上安いし、175gと軽い。
容量はダンボーより少ないけど7000mAhもあればiPhoneを3.5回も充電できるから十分だろう。

もう少し調べてから買ってみよう。

自分に合ったモバイルバッテリーの選び方 - 逢えず鳥